ラムネにビー玉が入ってる理由は美味しさと風情を未来に残すため!

ラムネ王子
ラムネにビー玉が入っている理由は、炭酸が抜けないための栓だからさ。

日本のラムネは、1853年のペリーが持ち込んだレモネードに由来します。

その当時、瓶の栓はビー玉ではなくコルク。

これでは、徐々に炭酸が抜けてしまいます。

そこで1872年にイギリス人のハイラム・コッド氏が、ガラス玉で栓をする方法を編み出しました。

これが今にも続く、ラムネの瓶をビー玉で栓をする方法なのです。

この記事では、ラムネとビー玉の深い関係と切ない大人の事情を詳しく解説しています。

さらには、こぼれない栓の開け方や、ビー玉に邪魔されない飲み方など、ラムネにまつわるエトセトラも!

最後までお楽しみください。

スポンサーリンク


ビー玉はラムネの美味しさを保つ栓です

日本の夏の風物詩とも言えるラムネは、幕末(1853年)にペリーが持ち込んだレモネードが由来です。

ラムネ王子
日本では「レモネード」が訛って、「ラムネ」と呼ばれるようになり広まったのさ。

その当時、瓶の栓はビー玉ではなくコルク。

そのため、徐々に炭酸が抜けていきます。

そこで、画期的な方法を思いついたのが、イギリスのコルク会社のエンジニアだったハイラム・コッド氏。

これこそ、炭酸飲料の瓶の口をガラス玉で栓する方法だったのです。

1872年に生まれたこの方法が、現在にいたるまでラムネ瓶として受け継がれているわけです。

【ラムネのガラス玉がおもちゃのビー玉になった】

おもちゃとしても馴染深いビー玉。

実は、ラムネの栓としてのガラス玉が先に誕生しています。

ラムネの栓として使われてたガラス玉で遊んだことから、ビー玉が生まれたのです。

ビー玉名前の由来は、ガラスを意味するポルトガル語の「ビードロ」を略した説が有力です。

またラムネ玉の製造工程で基準を満たした物を「A玉」、不良品は「B玉」とした説もあります。

スポンサーリンク


フルガラスのラムネの切ない大人の事情

もしあなたがフルガラスのラムネに運よく出会ったなら、絶対に割らずに大事にしてください。

なぜなら、今は日本で生産されていない貴重なものだからです。

ラムネメーカーのハタ鉱泉によると、1989年にフルガラスを廃止しています。

ラムネ王子
理由は回収が面倒だからさ。

フルガラスの瓶は洗って繰り返し使うのが前提。

昔は個人商店や銭湯などで販売されていたラムネですが、今はコンピにやスーパーに並びます。

時代とともに流通が発達し、車で回って瓶を回収できるレベルではなくなったのです。

そして、残っているものも再利用のため破損や劣化が進む一方。

ラムネ王子
もはや日本でフルガラスのラムネ瓶は、幻になりつつあるお宝なのさ。

しっかりと最後の1滴まで味わったなら、買ったお店に返しましょう。

【インドで懐かしのラムネに出会える】

日本でフルガラスのラムネ瓶を作らなくなった後、このガラス瓶を作る機械はインドへ輸出されています。

というのも、遠いインドでもラムネは人気の飲み物だからです。

インドではNimbu pani(ニンプ・バーニ=レモン水)やBanta(バンタ)として親しまれています。

暑いインドのストリートで、昔懐かしラムネに遭遇したら飲んでみたくなるかもしれません。

ですがお腹を壊す可能性が高いので、くれぐれもご注意ください。

瓶の口より大きなビー玉を中に入れる方法

昔のラムネの瓶は、全てがガラスで出来ていました。

一体どうやって、飲み口よりも大きいビー玉を瓶の中に入れたのでしょうか?

その工程は次の3ステップでした。

1:口の広い瓶を作る
2:ビー玉を瓶に入れる
3:瓶の口を熱して細くする

ところが今現在、日本ではフルガラスのラムネ瓶の製造は無くなりました。

現在のラムネは瓶にビー玉を入れて、口の部分にプラスチックをはめるだけ。

この方法で瓶を回収せずに販売できるようになり、海外でも販売されるようになリました。

ラムネ瓶をビー玉で栓する華麗なる技

ラムネ瓶をビー玉で栓する方法は、シンプルな3ステップです。

1:瓶にシロップを入れる
2:炭酸水を注入し、瓶を逆さまにする
3:炭酸の圧力でビー玉が瓶の口にハマる

ラムネ瓶の中央部のくびれは、ビー玉がビンの底まで落ちないためにあります。

このおかげで、ビンを逆さまにしたときに素早くビー玉が口をふさぎ、炭酸が抜けません。

理解した上で、動画でおさらいしてみましょう。

【ラムネとサイダーの違いは詰め方だけ!】

ラムネの語源ははレモネード、サイダーの語源ははシードル(りんご酒)です。

もともとはこの2つはレモン味とりんご味。味が全く違っていました。

ですが、現在のラムネとサイダーの中身は一緒です。

ラムネ王子
今は栓の仕方でラムネとサイダーを区別してるのさ!

ラムネはビー玉で栓をしたもの
サイダーは金属の蓋(王冠)で栓をしたもの

明治37年に王冠を使ったサイダーが発売され、このように区別されるようになりました。

この王冠で栓をする方法が広まると、もはやラムネは過去の産物。

しかし今もなお求められるのは、「夏といえばラムネ」と日本人の心をくすぐる何かがあるからなのです。

ラムネ王子
ラムネは日本の夏の風情を保つためにも存在しているのさ。

ラムネをこぼさずに美しく開ける方法

ラムネをこぼさずに開けるのは、ちょっとしたコツがいります。

ラムネ王子
ただじーっと待つことさ!

慌てず、手のひらでビー玉を押さえ込んでください。

ここでうっかり手を離すと、中からラムネが溢れて手がベタベタに!

詳しい手順を解説します。

1:シールを剥がしキャップを取り出す
2:平らな所にラムネを置く
3:口に「玉押し」を当て、真上から押す
4:泡が引くまでじっと待つ

縁日で誰よりもエレガントにラムネを開けられるよう、動画で予習しましょう。

1滴もこぼさずにラムネの栓を開けれたら、次はビー玉に翻弄されず美しく飲みましょう。

ラムネをビー玉に翻弄されずに飲む方法

ラムネを、ビー玉に邪魔されることなく飲むコツは2つ。

1:くぼみにビー玉を引っかけること
2:程よい角度を保つこと

ラムネの瓶の側面には、ビー玉をせき止めるくぼみがあります。

ここにビー玉を上手く引っかければ、ビー玉に口を塞がれることなく飲めます。

さらに、傾けすぎずないことがポイント。

傾けすぎるとくぼみをビー玉が乗り越えて、口を塞いでしまいます。

この2つさえ意識すれば、美しくラムネを味わうことができます。

ラムネのビー玉を取り出すならねじ込み式

昔ならではのフルガラスのラムネ瓶から、ビー玉を取り出すには割るしかありません。

しかし、キャップ部分がプラスチックのラムネ瓶なら、割らずにビー玉を取り出せるものもあります。

ラムネ王子
それはねじ込み式のキャップさ!

ラムネ瓶の口を見たときに、横に筋が入っているものはねじ込み式です。

時計回りに回して外れない場合、反時計回りに回せば取り外すことができます。

固くで回らないときは、50度ぐらいのお湯につけてから回すと簡単に外すことができます。

キャップが外れたら、中からビー玉を取り出すだけです。

ですがキャップの部分を回しても取れない場合、打ち込み式である可能性が高いです。

打ち込み式の場合、ニッパーやハサミで切れ込みを入れて、栓抜きなど外さない限り取れません。

ケガをするのでやめておきましょう。

ラムネと言えば、ビー玉。そして、夏の音です。

懐かしいフルガラスのラムネの特徴は、振った時の音の良さ。

ラムネ王子
カランカランという高く澄んだ音がするのさ。

日本ではいつか聞けなくなる音。

かくなる上はインドに行って、お腹を壊す覚悟で屋台のレモネードを飲みましょう。

間違いなく涼やかな音を立ててくれるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク