CATEGORY

  • 2022年4月8日
  • 2022年4月8日

【鬼滅の刃】青い彼岸花の正体は無惨が求める日光を克服する薬の成分

鬼の始祖・鬼舞辻無惨が探し求める「青い彼岸花」とは、鬼が日光を克服できる薬の成分です。 平安時代に人間だった無惨はとても病弱で、二十歳まで生きられないと言われていました。 無惨の治療をしていた善良な医師は、少しでも病気が良くなるように薬を調合します。 この薬こそが無惨を人の血肉を喰らう鬼に変えてしま […]

  • 2022年3月25日
  • 2022年3月25日

【鬼滅の刃】黒死牟の過去は弟・縁壱への愛憎と嫉妬まみれの転落人生

鬼舞辻無惨が生み出した全ての鬼の最高峰に君臨する「上弦の壱いち・黒死牟こくしぼう」。 顔には6つの目、額と顎には炎のような形をした痣がある、威厳さえ感じさせる鬼です。 人間の部分を多く残した鬼ほど弱いものですが、黒死牟は人間だった時の記憶が鮮明に残っています。 むしろ過去の記憶が黒死牟の「鬼としての […]

  • 2022年3月13日
  • 2022年3月25日

【鬼滅の刃】上弦の肆・半天狗の過去!舌の文字は嘘つきの証

頭に大きなこぶのある、ヨボヨボの老人にしか見えない半天狗はんてんぐ。 いつも何かに怯えたように震えていますが、上弦の肆しまで上り詰めた強い鬼です。 半天狗が見かけとは裏腹に恐ろしく強い理由は、「人間時代の過去」に隠されていました。 この記事では、上弦の肆・半天狗の「嘘」で塗り固められた、人間時代の悍 […]

  • 2022年2月25日
  • 2022年3月25日

玉壺の過去は猟奇的な趣味を持つ異常者!鬼となってエスカレート

壺の中から這い出る、不気味な姿をした上弦の伍ご・玉壺ぎょこ。 顔は目に口があり、口に目があるアベコベな様相で、長い胴体から無数の腕が生えています。 そんな人間とかけ離れたグロテスクな容姿の玉壺は、人間時代から猟奇的な趣味を持つ異常者だったのです。 この記事では、おぞましく残忍な上弦の伍・玉壺の人間だ […]

  • 2022年2月20日
  • 2022年3月25日

童磨の過去は親に祭り上げられた教祖!歪んだ幼少期が鬼へと最適化

いつも穏やかな笑みを浮かべ、誰にでも優しく振る舞う上弦の弐に・童磨どうま。 しかし表面上の優しさとは裏腹に、童磨は人の気持ちなど全く理解せぬ残酷極まりない鬼です。 人間だった童魔は二十歳で無惨に出会い、自ら願い出て鬼にしてもらっています。 童磨のこの恐ろしく狂った感覚は、人間時代の歪んだ幼少期に原因 […]

  • 2022年2月18日
  • 2022年3月25日

硬派な猗窩座はチャラい童磨が大嫌い!真逆な二人の性格を徹底解説

上弦の参さん・猗窩座あかざは、弱者を忌み嫌い、強者には敬意さえ表す「強さ」に価値を置く鬼です。 しかし、猗窩座は自分より格上の上弦の弐に・童磨どうまが大嫌い。 童磨が親しみを込めて話しかけても、猗窩座は殴る・キレる・無視するという酷ひどい態度をとります。 それは猗窩座と童磨が人間時代に培った性格の違 […]

  • 2022年2月15日
  • 2022年4月6日

鬼舞辻無惨の過去は病気に怯える臆病者!鬼となっても変わらぬ劣等感

鬼の始祖・鬼舞辻無惨は、最強かつ全ての鬼の生みの親。 そんな残酷極まりない鬼の無惨も、この世に生を受けたときは人間だったのです。 意外なことに、無惨は二十歳になるまで生きられないと医者が言うほど病弱でした。 死の恐怖に怯え、自由のきかない己の体に苛立ち、床に伏せる日々に心身が蝕まれていきます。 しか […]

  • 2022年2月11日
  • 2022年2月20日

産屋敷と鬼舞辻無惨は同じ一族!その因縁関係は日本神話がモデル

鬼殺隊の当主を代々務める産屋敷家にとって、鬼の始祖・鬼舞辻無惨は宿敵です。 鬼舞辻が鬼となったのは、はるか昔の平安時代のこと。 それから千年以上もの間、鬼舞辻を撃つことに産屋敷家は命を燃やしているのです。 しかし驚くことに、人間だったときの鬼舞辻は産屋敷の血族でした。 随分と血が薄くなったとは言え、 […]

  • 2022年1月24日
  • 2022年2月23日

【鬼滅の刃】公式カップル一覧|出会いから恋愛・結婚とその後!

鬼滅の刃の作品の中では、何組もの公式カップルが誕生しています。 人気キャラクター達はどの様に出会ってカップルになっていったのでしょうか。 この記事では、鬼滅の刃に登場する公式カップルの出会いや結婚・そしてその後について分かりやすくまとめています。 非公式カップル情報も載せていますので、ぜひ最後までご […]

  • 2021年12月7日
  • 2022年3月25日

妓夫太郎と堕姫の悲しい過去!深すぎる兄妹愛と歪んだ価値観

息を呑むような美しい花魁おいらん・蕨姫わらびひめ。 その正体は世にも恐ろしい冷酷な鬼、上弦じょうげんの陸ろく・堕姫だきでした。 上弦に君臨するほどの堕姫が強い理由は、常に一心同体の兄・妓夫太郎ぎゅうたろうの存在にありました。 妓夫太郎と堕姫は、人間だったころから深い絆で結ばれた兄妹。 その昔、二人が […]