PremiumNew圧力名人を使った感想!new圧力名人との比較

酵素玄米歴4年ほどの私は、CUCKOO(クック)の「new 圧力名人」の愛用者。

両親に贈ろうとネットを見ていたら、なんと2020年7月に最新モデルが登場していました。

その名も「Premium New 圧力名人」!

「new 圧力名人」より3万円近く値段が上がり、見た目が大幅に変わりました。

そしてメーカーもCUCKOO(クック)からCUCHEN(クチェン)へと変更されています。

両方を食べ比べたところ、最新モデルは味がさらに美味しく、より使いやすくなりました。

価格差はあるものの長く使うことを考えると、私なら迷わずCUCHEN(クチェン)の「Premium New 圧力名人」を選びます。

この記事では、私が「Premium New 圧力名人」を実際に使いながら、「new 圧力名人 」と徹底比較した感想を紹介しています。

どちらの炊飯器を買おうか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

Premium New 圧力名人のここがすごい

写真は取り直し予定

左が最新型の「Premium New 圧力名人」、右が「New 圧力名人」。

2つの炊飯器で同時に酵素玄米を炊いて実食したところ、明らかな違いがありました。

浸水時間や炊飯時間は全く同じなのに、「Premium New 圧力名人」のほうが圧倒的に美味しい!

その秘密を詳しく解説します。

なんと炊き上がり直後から酵素玄米に!

最新型の「Premium New 圧力名人」がすごいのは、炊飯直後から酵素玄米となるように機能改良されたこと。

つまり寝かせるための時間と手間が不要になったのです。

炊き上がりを比べてみると、「Premium New 圧力名人」の方が濃い褐色になっているのが分かります。

比較写真は撮影予定

実はご飯の色が褐色化するのは、玄米の糖質に小豆のタンパク質やアミノ酸が反応するメイラード反応の結果。

これによって抗菌作用やモチモチの食感が生まれてくるのです。

「New 圧力名人」も3日ほど寝かせれば美味しくモチモチになりますが、当日に仕上がるのは大きな強みです。

もちろん「Premium New 圧力名人」でも食べたいタイミングまで保温を続けることもできますよ。

そうすると、より一層モチモチの食感が楽しめます!

壺型内釜でムラなく炊けて美味しい

「Premium New 圧力名人」が「new 圧力名人」と比べて、より美味しくなるのには理由があります。

それは内釜の形です。

比較写真は取り直し予定

この形の違いが、ご飯に熱を加える時に大きく作用します。

「Premium New 圧力名人」の内釜は側面がやや広がり、上部がややすぼまった壺型。

炊飯時にお米がよりスムーズに対流し、ムラなく全体に熱が伝わるようにするためです。

確かに私の経験上、「new 圧力名人」で炊くと、表面の小豆が固まっていることがよくありました。

しかし壺型内釜の「Premium New 圧力名人」なら、小豆がまんべんなく混ざるのです。

「Premium New 圧力名人」の形が丸くなったのは、この壺型内釜を実現するためだったのです。

内釜がダイヤモンドからブラックダイヤモンドへ

内釜の写真

炊飯器の内釜は熱伝導率の高さ、つまり熱の伝わりやすさが大事だと言われています。

そのために炊飯器メーカー各社はこれまでも、アルミや銅など様々な素材を使ってきました。

最近では、東芝やパナソニックなどが一部の上位機種にダイヤモンドコーティングを採用しています。

もちろん「new 圧力名人」の内釜にも、このダイヤモンドコーティングがされています。

しかし「Premium New 圧力名人」が選んだのは、さらに進化したブラックダイヤモンドコーティング!

なんと銅の5倍もの熱伝導率の高さとなり、よりお米の芯まで熱が伝わるようになりました。

このように内釜の形や素材が改良されたことで、一層美味しい酵素玄米を食べられるのです。

IH式からマイコン式に変更

説明書表紙の写真?

旧モデル「new 圧力名人」はIH式の圧力炊飯器です。

IH式は内釜全体を発熱させる点で優れていますが、電磁調理器と同じく強い電磁波を出します。

日本の炊飯器のほとんどはIH式の為、健康に敏感な方でも選択の余地がありませんでした。

しかし今回の「Premium New 圧力名人」は、なんとマイコン式になりました。

炊飯器の主流がマイコン式からIH式に変わったのは、よりムラなくお米を炊けるという理由です。

でも「Premium New 圧力名人」なら、高い圧力と壺型内釜でその弱点がカバーされたので、美味しく安心して食べられます。、

圧倒的に管理しやすく衛生的

蓋を開けた炊飯器の写真?

酵素玄米を作るなら、炊飯器で長時間の保存が必要です。

そうなると雑菌の繁殖が心配。いくら高温で保温すると言っても、食べ物ですから気になります。

そこで「Premium New 圧力名人」は衛生面でも管理しやいように改善されています。

次の4つは、私が「new 圧力名人 」と比較して良いと感じたポイントです。

1:チャコールパッキンで抗菌効果up!
2:取り外せるようになったパッキン
3:圧力ノズルのお手入れが不要
4:自動洗浄の時期を知らせてくれる

これら4つの改善は些細なことのようですが、ちょっと不便に感じていたことばかり。

ユーザーとしては唸るものがありました。

その理由を詳しく解説しますね。

1:チャコールパッキンで抗菌効果up!

圧力炊飯器では、炊飯時に高い圧力がかかります。

そのため通常の炊飯器と違って、フタにはパッキンが付く構造になっています。

「new 圧力名人 」のパッキンは、一般的な圧力鍋のパッキンのような素材でした。

しかし「Premium New 圧力名人」のパッキンには、そこにチャコール(炭)のパワーが加わりました。

従来品より消臭効果が12.5%も増加し、大腸菌・緑膿菌はなんと99.9%抗菌という頼もしさです。

2:パッキンが取り外せるようになった

「new 圧力名人」の場合、蓋についたパッキンを外せませんでした。

お掃除はかたく絞ったフキンで拭くだけなので、ちょっぴり衛生的に不安。

しかし「Premium New 圧力名人」では、蓋についたチャコールパッキンが外せます。

ようやく自分でキレイに掃除が出来るようになりました。

しかも一定の使用回数が来ると、パッキンの取り替えをお知らせしてくれるのです。

これによって、パッキンの劣化で性能を落とすことなく使い続けられる様になりました。

3:圧力ノズルのお手入れが不要

「new 圧力名人」のお手入れには、1つだけ面倒なポイントがありました。

それは掃除用ピンで、圧力ノズルを毎回お掃除すること。ちょっとしたことですが、これが意外と面倒なんです。

しかし「Premium New 圧力名人」ではその必要がなくなったので、お手入れの手間が減りました。

ちょっとしたことですが、忙しい主婦としてはありがたい進化です。

4:自動洗浄の時期を知らせてくれる

新旧どちらの炊飯器にも、自動洗浄という機能があります。

これはフタの内部にある蒸気の通路をキレイに保つためで、まさに圧力炊飯器ならではのものです。

でも私が「new 圧力名人 」を使っている時、いつ使えばいいのかよくわかりませんでした。

なのでついついほったらかし。洗うことを次第に忘れてしまうのです。

しかし「Premium New 圧力名人」なら、自動洗浄のタイミング時期をお知らせしてくれるので安心です。

甘酒コースが加わりさらに便利

炊飯器とグラスに入れた甘酒の写真

酵素玄米をわざわざ作って食べようとする人は、健康に関心が高い人。

「飲む点滴」甘酒を食生活に取り入れている人も多いですよね。

しかもこだわる方は市販のものではなく、わざわざ家で作ったりします。

以前の私も炊飯器の蓋を少し開けて甘酒を作っていましたが、長くは続きませんでした。

でも微妙な温度管理が面倒だったのです。

しかし今回の「Premium New 圧力名人」には甘酒のコースがあります。

スイッチ一つで簡単!しかも発芽玄米の甘酒が飲めるなんてステキです!

酵素玄米用の圧力炊飯器が韓国製なわけ

写真は取り直し予定

「Premium New 圧力名人」はCUCHEN(クチェン)社、「new 圧力名人 」はCUCKOO(クック)社。

聞きなれない社名ですが、どちらも韓国メーカーです。

なんで韓国製なの?家電製品と言えばやっぱり日本製じゃないの?

そう思う方も多いのではないでしょうか。

これには韓国の食文化が関係しているのです。

高圧の炊飯器なら韓国製!

実は私も「new 圧力名人 」を買う前、そう思っていました。

値段が高いのに日本製じゃなくて韓国製なの?って。

なぜ酵素玄米用の圧力炊飯器が韓国製なのかというと、圧力の技術が優れているから。

韓国の主食もご飯ですが、薬食同源の考えのもと雑穀食や玄米も好んで食べられてきました。

結果として、それらを美味しく食べるために高圧釜の開発が進んだという歴史があるのです。

だからこそ「Premium New 圧力名人」や「new 圧力名人 」はハイパワー。

固い玄米でさえもモチモチの酵素玄米に変えることが出来るのです。

参考文献:日本と韓国の炊飯器デザインに関する研究 静岡文化芸術大学 伊豆祐一

日本の圧力炊飯器では酵素玄米が炊けない!

日本のメーカーでも上位機種には圧力炊飯器がラインナップされています。

しかしその最大圧力はと言うと、1.2〜1.3気圧位です。

それに対して「Premium New 圧力名人」や「new 圧力名人 」は、なんと1.8気圧!

この圧力の差が、酵素玄米を炊けるかどうかの大事な決め手なのです。

ちなみにパナソニックのHPでは、以下のような内容が書かれていました。

「玄米の保温はおすすめしていません。また、酵素玄米についての検証は行っておりません。」

つまり、日本製の圧力炊飯器では酵素玄米は炊けないのです。

「Premium New 圧力名人」で手軽に酵素玄米生活

酵素玄米と具たくさん味噌汁の写真。

酵素玄米のいいところは、栄養のバランスが抜群なのでおかずをあれこれ作る必要がないこと。

野菜たっぷりのお味噌汁さえあれば、完璧なご飯になります。

ただし毎回圧力鍋で炊いて保温ジャーで寝かせるのはちょっと面倒。

日常生活に酵素玄米を取り入れるなら、圧力炊飯器は欠かせません。

特にパワーアップした「Premium New 圧力名人」なら、誰でも簡単に酵素玄米を炊けます。

しかも食べたいと思ったその日に酵素玄米が食べられ、何日も保温したままでもすぐに食べられるスグレモノ!

美味しく・管理がしやすく・衛生的と3拍子揃ったこの炊飯器、今から酵素玄米を始める人にも経験者にもオススメです。

ぜひお試しください!きっとその美味しさに感動しますよ。