ママがブログの作業時間を作るには子供ファーストにすると上手くいく

ブログを書きたくても、子供が家にいると全く作業が進まない。これは小さい子供をもつママブロガー共通の悩みです。

・子供に作業の邪魔をされてイライラする
・イライラを子供にぶつけてしまう
・後から自己嫌悪に陥る

ただでさえ忙しいママがブログに取り組むと、このような負のスパイラルにはまって心身ともに疲れ果てます。結果、「こんなはずじゃなかった」と、ブログをやめる人も少なくありません。

2年前にブログを始めた当初、私もこの負のスパイラルにハマりました。家族を幸せにするために始めたブログが、あわや家庭崩壊という状態をまねいたのです。そこからは子供を大事にしながらブログを続けるために、試行錯誤をくりかえしました。その結果、現在は子供が起きている時間に作業をしなくても、ブログ運営ができるテクニックを身につけたのです。

この記事では、副業でブログ運営をしている私の仕事術と時間管理術をお話しします。私も実際に5歳と2歳の2人の子供を育てているママですので、ブログの作業時間が取れずに悩むママの参考になれば幸いです。

子供と一緒にいる時間にブログは書かない

かつての私は子供が起きている時間に作業をしていました。その結果、子供が腕を引っ張り「お仕事やめて」の猛烈アピール。何とかこれを流して継続する日々でした。ところが、やがて熱を出したり保育園に行きたがらなくなるなど、「ママ!僕を見てよ」という症状が日に日に現れました。今思い返しても、自分勝手な親だったと反省するばかりです。

そこで子供と一緒にいる時間に作業することはやめました。基本的な作業時間は、早朝の子供が寝ているときと日中の隙間時間に限定。夜は子供の寝かしつけのタイミングで一緒に寝ています。遅くても21時半には布団に入り、朝の4時に起きて作業開始。家族が起きてくるまでの2時間あまりが自分の時間です。日中は、仕事の昼休みや保育園にお迎え前の隙間時間を活用しています。

ブログで成果をあげるには、コツコツと継続することが最も大事です。無理に睡眠時間を削ると体も心も壊れ、継続が困難になります。最低でも毎日6~7時間の睡眠時間は確保することをオススメします。体がきつい日は作業を休み、しっかり寝て体をリセットしましょう。ブログはゴールのないマラソンと同じなので、無理は禁物です。

忙しいママは資産ブログで安定運営を目指す

私は初心者のころは、トレンドブログ を運営していました。旬のネタ探しと投稿のタイミングが重要なため、常にブログに振り回される生活でした。一つ一つの記事寿命が短いので次々に記事作成を迫られ、自転車操業の日々。疲労も蓄積していきました。アクセスが集まれば報酬も増えますが、外れれば全く稼げません。そんな不安定さは大きな精神的ストレスでした。何か良い方法はないものか。ブログの運営方法に原因があると感じた私は、やがてトレンドブログ から資産ブログに切り替えました。

資産ブログでは、人の日常的な悩みや疑問が記事のネタになります。1年中検索ニーズがあるようなことを扱っていくので、旬のネタを追いかける必要がありません。投稿のタイミングも気にすることなく、自分のペースで作業ができるようになりました。これらの特徴は忙しいママにとってピッタリではないでしょうか。なお目安となる報酬は半年から1年続けて月収5万円程度。短期間では大きく稼げないものの、一度収益が出たら落ちにくい安定性は魅力です。

資産ブログで安定月収5万円作る仕組みは別記事で解説しています。
忙しい主婦のブログの始め方|正しいステップで安定月収5万円

作業を効率的に行う時間管理術

私はブログの記事を数百本書いてきましたが、今でも1記事書くのに3~4時間ほどの時間がかかります。(トレンドブログの時には最短で30分程度)その内訳ですが、記事を書くのに1時間半程度、残りは下記のように記事を書く準備にあてています。

・キーワード選定
・ライバルチェック
・ペルソナ設定
・記事構成作成

これらの準備がしっかりできていれば、後は一気に記事を書くだけです。

記事を書く作業は、集中力が最も必要なので中断せずに行います。一方、記事を書く準備は細切れになっても問題ありません。
この性質の違う2つの作業を一連の流れで行うと効率が落ちます。まとまった作業時間と隙間時間を上手く使い分け、効率よく作業を進めていくのです。

具体的な記事の書き方と段取りについて、こちらの記事で紹介しています。ご覧ください。
初心者のためのブログの書き方|読者に寄り添う記事の設計図を作る方法

2種類の作業時間の使い分けと作り方

私は1日の中で、2つの作業時間を作っています。

・まとまった作業時間
・細切れの隙間時間

まとまった作業時間は記事を書くために必要なので、早朝の2時間を当てています。この時間は何よりも記事を書くことを優先し、他の作業は一切しません。

細切れの作業時間では、記事を書くための準備をします。集中力を必要としない作業なので、5~10分のわずかな時間も利用できます。私がかき集めたのは、以前ならスマホをいじっていた時間や、何となく過ぎていた時間でした。さらに本業の昼休みや、保育園のお迎え前の時間などを活用しています。

一回あたり5分や10分程度の時間も、積み重ねるとすぐに1時間程度になります。また1日は24時間と決まっているので、何かの時間をカットしないと新たな時間は生まれません。家事や日常の雑務も、意識的に効率化を図りました。

家事の負担を減らす工夫・買い物はネットスーパーと宅配を利用
・乾燥機付き全自動洗濯機と食洗機で時短家事
・食事はまとめて作って保存
ママブロガーは必然的に時短家事の達人にならざるを得ません。時間を作るということは、生活全般を見直すことで初めて叶うことだからです。

音声入力で記事作成を効率良く

タイピングに時間がかかる人には音声入力をオススメします。最も簡単な方法は、Googleドキュメントの音声入力です。利用するにはGooleアカウントが必要ですが、持っていなければアカウント作成後に、Gooleドキュメントにログインします。

Googleドキュメントはでは、新規作成する場合「+」「空白」をクリックすると入力画面に切り替わります。

 こちらの赤枠をクリックします。

ツールバーの「ツール」を選び、「音声入力」を選択します。


マイクのボタンをクリックすると、音声入力を開始できます。終了するときも、同じボタンをクリックします。
あとはできた文章をコピーしてワードプレス内に貼り付けるだけ。句読点や改行を含めた修正をかけて完了です。

・パソコンの場合
マイク内臓のパソコンの場合は、マイクがなくても音声入力ができます。マイク内蔵ではないパソコンはマイクを使ってください。

・スマホの場合
iPhoneはGoogle Chromeのインストールから行いましょう。その後、GoogleドキュメントのアプリをApp Storeで無料で入手して使うことができます。マイクは必要なく、キーボードのマイクマークを押して音声入力ができます。

Androidの場合は Google ChromeとGoogleドキュメントが初めからインストールされています。音声入力をする際には、マイク設定が必要です。

スマホの設定画面を開いて、システム→言語と入力→ソフトウェアキーボードをタップしてください。
ソフトウェアキーボードから「Gboard」を選択し、普段お使いのキーボードからGboardに切り替えます。キーボードの設定が完了したら、Googleドキュメントを開きます。
入力キーボードの右上にマイクアイコンがありますので、そちらをタップすれば音声入力が可能になります。

実際にパソコンで音声入力で記事作成している様子を動画にしています。ご覧ください。

音声入力をスムーズに行うコツは、記事の構成を作り、見出しを書き出しておくことです。大まかなシナリオがあれば、話が脱線しません。思いつくままに話すと、何を話しているのか自分でわからなくなるので注意が必要です。

タイピングが苦手な方は音声入力を利用することで、作業が格段に早くなると思います。ご活用ください。

2人の子供を育てながら副業でブログを継続している私からのアドバイス

ブログで成果を出すには、作業する以外に方法はありません。そして作業時間を確保するためには、何かの時間を削る以外に方法はありません。しかし、子供との時間を犠牲にするのはやめましょう。あなたは子供や家族と幸せな時間を過ごしたくて、明るい未来が欲しくて、ブログを始めたはずです。成功するまでのちょっとの辛抱と思うかもしれません。しかし無理を続けると成功の前に家族関係が悪化し、ブログも継続できないという結果を招きかねません。

トレンドブログ をしていたころの私は、お金という成果は手にできました。しかし本当の意味で幸せを感じることができませんでした。それは自分がブログを始めた目的と手にした現実とのギャップに常に悩んでいたからです。

ママがブログを続けるには、子供ファーストでもできる運営方法を実践すべきです。時間がかかったとしても、じっくりブログを育てていけば必ず成果を手にすることができます。あなたの心と体を健康に保ちながら、子供を大事にできるブログ運営を心がけてください。

最新情報をチェックしよう!