高齢出産で生まれる子供の教育費と老後資金への不安はブログで解決!

  • 2019年4月7日
  • 2020年10月9日
  • 副業
高齢出産の
めぐみさん
高齢出産だと、将来のお金が不安です。
YOKO
教育費に老後資金!私はこの不安をブログで解決しました。

私は39歳と43歳で出産し、妊娠前には考えもしなかったお金の問題に直面しました。

そこで将来に備えてプラスαの収入を得るために、私はブログを副業で始めたのです。

この記事では、次のことがわかります。

・子供一人にかかる驚きの教育費
・夫婦に必要な老後資金の目安
・お金の不安をブログが解決できる理由

ぜひ最後までお読み下さい。

知ってビックリ!子供の教育費の目安

高齢出産の
めぐみさん
子供1人にかかる教育費っていくらぐらいでしょうか?
YOKO
大学まで行かせるなら1,000万円は必要です。

子供1人を大学まで行かせた場合の教育費の目安は、1,000~2,500万円。

この大きな差は通う学校が公立か私立かによって生まれます。

それでは幼稚園から高校まで、1年間にどの位の費用がかかるか見てみましょう。

 

これによると公立と私立では少なくとも2倍以上、小学校に至っては5倍近くの費用の開きがあることがわかります。

(2019年10月より幼児教育・保育の無償化が始まったので、幼稚園の費用は実際には下がっています。)

高齢出産の
めぐみさん
全て公立だとしても、それなりにお金がかかりますね。
YOKO
そもそも家計にゆとりがないと、子供は育てられないです。

続いて大学4年間にかかる費用です。

国立と私立で異なるものの、その費用は大学4年間で400~800万。

学部によっては6年の場合もあるので、その場合はさらにお金がかかります。

このように教育費の総額は、大学まで国公立の場合で1000万円前後、全て私立なら2500万円前後が目安となります。

なお子供が進学して一人暮らしの場合には、生活費が別途必要になるので要注意です。

高齢出産の
めぐみさん
教育費がこんなにかかるなんてビックリしました!
YOKO
私も2人目の妊娠の時にこのことを知ってがくぜんとしました。

子供が必ずしも習いごとや大学進学を望むとは限りませんが、願いを叶えてあげられないのは親として辛いもの。

そのためにも貯めるべき金額をハッキリさせ、実現に向けて準備をしていくことが大切です。

準備は早めに!老後資金の目安

高齢出産の
めぐみさん
老後のお金はいくら必要なんでしょうか?
YOKO
老後に必要なお金は少なくとも2,000万円です!

2019年の総務省の家計調査報告によると、高齢夫婦の家計は毎月3万円を超える赤字となっています。

 

1ヶ月につき33,269円の赤字は12ヶ月で約40万円、30年間ではなんと1,200万円にもなります。

しかもこれは、年金の支給額が高い現時点での計算を当てはめたもの。

この先は年金の支給開始年齢が上がっていくでしょうし、年金が本当に支給されるかも不透明。

そうなると最低限の目安として2,000万円位、できればそれ以上を準備しておきたいものです。

お金の不安をブログが解決できる4つの理由

高齢出産の
めぐみさん
教育費と老後資金がこんなにかかるなんて。今から貯めるなんて絶望的です。
YOKO
節約だけでどうにかなる金額じゃないですからね。

高齢出産の厳しい現実は、子供の教育費と老後資金を並行して貯めないと間に合わないこと。

子供2人を抱える我が家の場合、教育費に2,000万円、老後資金に2,000万円の合計4,000万円が必要です。

YOKO
私は2人目の妊娠中にこのことを知って、副業を考えました。

しかし外で新たに副業で働くのは時間と体力が余計に必要な上、子育てを考えると不可能。

色々試した結果、最終的にブログに行き着きました。

その理由は4つあります。

1:自宅で隙間時間にできるから
2:初期費用が安いから
3:長く続けられる仕事だから
4:本業以上の収入に繋がるから

1つずつ詳しく解説していきます。

1:自宅で隙間時間にできるから

育児・仕事・家事に忙しい私が、副業として新たに外で数時間単位で働くことは考えられませんでした。

YOKO
・忙しくて時間がない
・40代で体力もない
・子供に手がかかる
高齢出産の
めぐみさん
子供が小さいうちは特に大変ですよね。
そこで、在宅ワークを色々調べていくうちにブログを副業に選びました。

ブログはパソコンとネット環境さえあれば、いつでもどこでもできる仕事です。

こうした働き方に魅力を感じた多くの主婦や会社員の方が、ブログを始めています。

今の私は主に、子供が寝ている早朝や保育園のお迎えの前の空き時間を作業時間にあてています。

2:初期費用が安いから

在宅で稼ぐ副業には、加盟料を払ったり、商品の仕入れが必要なものもあります。

高齢出産
めぐみさん
気軽に始められませんね。
YOKO
特に物販は、在庫を抱えそうで嫌だったんです。

しかし、仕事でブログを始めるのに必要なのは以下の3つだけ。

・パソコン
・ネット環境
・サーバーとドメイン代

YOKO
サーバーというネット上の土地を借り、住所にあたるドメインを取って、ブログという家を建てるイメージです。

サーバーとドメイン代の費用として1~2万円かかります

仕事でブログをする場合、アメブロみたいな無料ブログはオススメしません。

なぜなら、その運営会社のルールのもとで自分のブログ運営をしないといけないからです。

広告を制限されたり、運営会社の都合でブログが閉鎖されるリスクもあるので要注意です。

3:長く続けられる仕事だから

ブログは体を使う仕事ではないので、年齢や体力に関係なく続けることができます。

50代や60代でしっかり稼いでいるブロガーがいるのがその証明です。

しかもブログの場合、長期的に続ければ続けるほど成果が出てきます。

なぜなら試行錯誤を繰り返すうちにやり方が分かり、文章も書ける様になるからです。

高齢出産
めぐみさん
長く続けられるって大きなメリットなんですね。
YOKO
そうですね。かつての私なんて、わけもわからず記事を書いていました。

3年経った今では色々なことが分かるようになり、ブログ運営が楽しく感じられる様になりました。

この先も新しいことを学びながら、ぜひ続けていきたいと思っています。

それに今後ますます必要になるWebの知識やスキルが、ブログの作業を通じて手に入るのも魅力です。

4:本業以上の収入に繋がるから

高齢出産
めぐみさん
ブログでいくらぐらい稼ぐつもりだったんですか?
YOKO
月に5万円くらい増えたらいいなと思ってました。

最初のうちはブログで思う様な収入は得られませんが、記事を書いて行くうちに徐々に収入は増えていきます。

私はある程度実績を出してからブログを人に教えることも始め、今では本業を超える月収になっています。

ブログは記事そのもので収入を得るということでも有効な手段です。

でも今の私が考えるブログの最大の魅力は、自分のビジネスを持つための第一歩に最適だということです。

YOKO
私はブログがきっかけで起業しました!

ブログには単なる副業の枠を超えて、様々なビジネスに発展していく可能性があるのです。

私の知り合いにも、いくつものブログの運営や売却をする方、コンサル活動や講演活動をする方、Youtuberなど様々な方がいます。

そんな皆さんも、最初は副業目的で記事を書くことからのスタートでした。

高齢出産
めぐみさん
うわー、私もまずは始めてみようかな。
YOKO
試してみる価値はありますよ!

ブログで起業した私からの提案

YOKO
会社に雇われているだけでは将来のお金の不安は解消しません。
高齢出産
めぐみさん
わかります。会社だっていつどうなるか分からないです。

雇われの立場で将来のお金の不安が解消しないのは、金銭的な限界があるからです。

給与を自分で増やすこともできず、増えてもその額は限られています。

しかも会社の業績によっては自分の頑張りに関係なく収入がダウンしたり、仕事そのものが無くなることも。

その点、自分のビジネスを持つことは違います。

YOKO

全ての責任は自分にかかってきますが、頑張った分だけ自分に返ってきます。

また自分が続けたいと思う限り続けられ、定年もないのです。

ブログに関連した起業ならリスクも小さく、すぐに始めやすい特徴があります。

高齢出産
めぐみさん
確かに!主婦の私でもできそうです。
YOKO
むしろ挑戦しない方が、リスクですよ!

たとえ今は雇われて働いていても、自分のビジネスを別に持つことは確実に将来への備えになります。

自分の力で稼ぐ力を身につけ経済的な自立を実現してこそ、教育費と老後資金への不安は初めて解消されるのです。

私のメルマガに登録いただいた方に、ブログの始め方がわかる動画教材を無料でプレゼントしています。

ぜひ活用してください。

 

最新情報をチェックしよう!