ブログ の検索順位を上げたければ記事の質を高めることだけ考えよう

初心者の潤ちゃん
一生懸命書いたのに、自分の記事を検索してもどこにも見当たらない!!

こんな風に誰にも読まれない記事を書くことは意味がない、そう悩んだ経験が私にもあります。

YOKO
でもこの経験で、どんな記事を書けば上位表示されるかわかるようになりました!

ブログで上位表示するために様々なテクニックがあります。

しかしブログの本質は1つ、「読者に感謝される記事を作ること」です。

なぜなら、検索をするのはGoogleではなく人だからです!

この記事では、上位表示されるために、記事の質を具体的に高める方法を紹介しています。

読者に役立つ記事を作るポイント5つ

Googleは「ユーザーファースト」という言葉をよく使うように、読者目線の記事を高く評価します。

初心者の潤ちゃん
読者目線って具体的にどうすればいいの?

読者に役立つ記事を書くには、押さえておくポイントは次の5つ。

・的確なタイトルを作る
・読者の悩みを解決する記事を作る
・体験談は読者にとって価値がある
・良質な情報を本から集める
・読みやすく、見やすい記事を作る

これらを順番に解説していきます。

的確なタイトルを作る

読者は検索するとき、2~3語のキーワードを打ち込みます。

このときのキーワードは、読者の知りたい疑問や質問そのもの。

例えば、壁紙に生えたカビを取る方法を知りたい人は、「壁紙 カビ 取る方法」と入力するはず。

この検索されるキーワードをタイトルに入れることがポイントです。

しかし自分勝手にキーワードを組み合わせると、読者が考えないような組み合わせになりがちです。

ここは必ず、Yahoo!虫眼鏡やツールを使って、実際に調べられているキーワードを選びましょう。

YOKO
間違ったタイトルだと、読者に見つけてもらえません!
初心者の潤ちゃん
勝手なイメージでタイトル作ってた!
これが読まれない原因だったなんて。

キーワード選びの具体的な方法はこちらの記事で解説しています。
ブログ初心者のネタ探し|簡単に需要のあるキーワードを見つける方法

読者の悩みを解決する記事を作る

キーワードを見つけたら、読者がなぜこのキーワードを選んだかのかを考えてみましょう。

・どんな人が
・何を解決したくて

この2つをしっかり設定することで、内容がブレない読者にまっすぐ届く記事になります。

記事は不特定多数に向けて書くと、内容がぼやけてしまいます。

初心者の潤ちゃん
たくさんの人に読んでもらうなら大勢に向けて書いた方が良くない?
YOKO
ありがちなんだけど、それはNG!
読み手に全く響かない記事になるよ。

先ほどの「壁紙 カビ 取る方法」を例にしてみましょう。

このキーワードを検索する人は、壁紙のカビを掃除をしようと思っています。

ただしこれでは「どんな人」の幅が広すぎるので、「30代の小さな子供のいる主婦」とします。

ここで「何を解決したくて」を考ると、「小さな子供がいるから体に優しい方法でカビを撃退したい」という読者の願望が見えてきます。

このように読み手を詳しく設定すると、検索している人の気持ちを細かく想像することができます。

結果、読者が本当に欲しい情報を提供できるようになるのです。

初心者の潤ちゃん
今までボヤッとした記事書いてた!
それじゃ伝わらないわけだ。
YOKO
想像力を働かせて、読者像をしっかり設定しましょう!

読み手を詳しく設定する方法はこちらの記事で解説しています。
ブログのペルソナ設定|世界でたった一人に向けて書くべき理由とその方法

体験談は読者にとって価値がある

Googleは次の3つをブログに求めています。

Expertise(専門性)
Authoritativeness (権威性)
TrustWorthiness (信頼性)

この3つを考えると、何かの専門職で資格がない限りブログは書けないと感じてしまいます。

初心者の潤ちゃん
もはや一般人が記事を書くことさえダメじゃない?

しかし、医療・美容やお金のこと以外の分野なら、専門性や権威の有無を気にする必要はありません。

中でも、体験者の情報は貴重です。商品レビューや映画の評論など、読者は実際に体験した人の情報を探しています。

体験はそれだけで価値がある情報なので、記事を書くときには大いに活用しましょう。

YOKO
正しい情報と自分の経験でオリジナリティを出しましょう!

良質な情報を本から集める

記事を書くとき、正確な情報が必要です。情報収集をネット検索のみで終わらせるのはやめましょう

ネット上は正しい情報と誤った情報がごちゃ混ぜ状態。

他人が何を書いているかは参考にしても、答えを全て鵜呑みにしないことが大事です。

初心者の潤ちゃん
ネットでしか調べてないよ。
他にどんな方法で情報を集めるの?

ライバルと差をつける簡単な方法は、本で詳しい情報を集めて紹介すること。正しくてより詳しい情報には価値があります。

全ての本を購入していては大変なので、図書館の利用がポイントです。

レファレンス係に「〜について調べたいのです」と伝えてみましょう。そうすることで適切な参考文献を探してもらえます。

YOKO
ブログは情報が命!
本はネットより信頼ができます。

記事の上位表示には、被リンクが重要な要素の一つとも言われます。(被リンクとは他のブログ等で紹介されること)

良い記事を書いていれば誰かの目にとまり、被リンクされていきます。

したがって被リンクを目指さなくても、読者に喜ばれる記事を書いていれば、結果的にそうなるのです。

読みやすく、見やすい記事を作る

ブログは読み物であると同時に見るものです。いくら良い情報が入っていても、読みにくければNGです。

読むことをやめてしまわれれば、当然のことながら上位表示はされません。

読者にとって読みやすい表現、言い回しを使って、わかりやすく解説しましょう。

YOKO
小学生の高学年でもわかるレベルで十分です。

今はスマホユーザーが7割を超えています。必ず書いた記事は、スマホで確認しましょう。

初心者の潤ちゃん
スマホとパソコンでは、表示が全く違う〜!!チェックしてなかった。

小さな画面で見たとき、画像が大きくで邪魔だったり、改行のない文字の塊があると読まれません。

また文字が小さすぎると、40代後半以上の読者は読むのが辛いです。

読者の年齢層を考えてフォントサイズを工夫すると、読者に親切な記事ができます。

記事の評価には時間がかかる

ほとんどのブログの記事は評価されるに時間がかかります。

その目安は通常3ヶ月程度です。私の経験も交えて説明していきます。

記事を書いたら最低3ヶ月待つ

記事を書いて投稿したら、全くの圏外だった。これはよくあることで、落ち込む必要はありません。

初心者の潤ちゃん
圏外なら誰も読めないよね?
書いた意味がないのでは?

私自身の経験ですが、ライバルが多いキーワードで記事を書いたとき、検索順位が圏外のことはよくあります。

しかしその3ヶ月後、1位を含め1ページ目に入っている記事はいくつもあります。

最初は圏外だった記事が順位を上げた理由に、1つの仮説があります。

それは上位に表示されていた記事が価値がないと判断された場合、順位が下がっていくから。

価値のない記事が次々と脱落する中で、時間をかけて良質な記事は徐々に順位を上げていきます。

YOKO
記事を書いたら、3ヶ月は気長に待ちましょう!

リライトして質を高める

記事を投稿して3ヶ月が経ったころの検索順位、それがあなたの記事に与えれた評価です。

初心者の潤ちゃん
書いたら書きっぱなし。確認してなかったよ。

1ページ目に表示されていれば、高評価です。1位を目指して、リライトをしましょう!

一方でなかなか順位があがらない記事は、ライバルと似た内容のことが多いです。

上位表示されている記事をしっかり読んで、より詳しくためになる記事に手直ししましょう。

読者の潜在的な悩みまでも解消する情報を書くことでライバルと差別化ができます。

文字数を増やすために関係のない情報を入れるのは逆効果。

読者目線の記事とは、最小限の文字数で最大限の情報を提供すること。

初心者の潤ちゃん
文字数が多ければ勝てるんじゃないの?
YOKO
文字数が無駄に多いと、読者に負担がかかります。
それは読者思いではないですよ。

感謝される記事を書いた未来

ブログの検索順位が上がればアクセスが集まります。

アクセス数と収益は比例しているので、検索順位は上位であるほどいいに越したことはありません。

だからと言って小手先のテクニックに頼らず、読者に喜ばれる記事を作ることに力を注ぎましょう。

読者に喜ばれることを目指し続ければ、必ずその努力は誰にも奪うことのできないスキルになります。

結果として上位表示を実現し、アクセスを集めるようになります。

YOKO
ブログの本質は1つだけ。読者に喜ばれる記事を書くこと!

このシンプルな本質を極めることで、あなたのブログは評価されます。

ぜひ実践してみてください。

 

最新情報をチェックしよう!