審査用ブログの記事ネタとタイトルライティングのポイントは?

こんにちは!YOKOです。

今回は、Google AdSense審査用ブログの記事を実際に書くときのポイントについて紹介しますね。

いざ書こうと思っても、何をどうすればいいのか?

慣れていないと記事を書くのって難しく感じてしまいますよね。

少しでも記事を楽に書くためのコツがありますから安心してください。

 

記事ネタはどうやって探せばいいのか?

 

テーマとカテゴリーが決まったら、実際に記事を書き始めるわけです。

「記事ネタはどこから手に入れよう?」そう思われる方も多いのではないでしょうか。

ぼやっとした情報ならわかるけど、記事にできるほどの正確な情報なんで誰も記憶していませんよね。

ですから、まずは検索してみるといいですよ。

検索すると、他の誰かがすでにわかりやすく記事化してくれている情報があります

今回、お土産を動画で例にあげていますが、オススメのお店のメニューであれ、自分が本当に経験したこじゃないと書いてはいけないという決まりはありません。

たくさんの情報から、自分なりの答えを紹介する形で問題ありません。

その上で、買った風に、食べた風に記述して大丈夫ですよ。

 

審査用ブログのタイトルライティングのポイントとは?

 

 

まず、ブログを訪れた人のことを考えればわかるのですが「読みたくなるようなタイトルをつける」必要性がありますよね。

ですから、単語1語など、あまりに短すぎるタイトルはNGなんです。

目安としては20〜32文字以内で考えてみてください。

記事の内容がわかる、読みたくなるようなタイトルをつけてみてください。

 

 

よくやってしまいがちなタイトルライティングのNGはタイトルの主語だけ変えて使い回しです。

Googleはオリジナリティのあるコンテンツを好むので類似記事とみなされ「一発アウト〜!」となりかねません。

タイトルはその都度、趣向を凝らして読み手が思わず読みたくなるような記事を作ってみましょう!

こういう努力は本番ブログの際にも役立つので、今から練習と思って取り組むといいですよ。

いざ審査用ブログを書こうと思うと、疑問に思ったりスッキリしないことが多々出でくると思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

それでは今回は以上になります。

最後まで読んでいたきまして、ありがとうございました!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!