最初に入れるべきプラグインはClassic Editor!使い勝手が劇的に向上

ワードプレスで記事を書く前に、各種設定が必要になります。テーマを導入したら、次のプラグインの設定に入っていきましょう。

プラグインとはスマホのアプリのようなもので、ワードプレスに追加できる便利な機能になります。種類も豊富なので何を入れたら良いか迷いますが、まずは最低限必要なプラグインを押さえておけば心配いりません。

最初に入れるべきプラグインはClassic Editorです。この役割ですが、現在のワードプレスを旧バージョンに戻してくれます。

※現在のワードプレスはバージョンアップしてから使い勝手が悪いので、使い勝手の良い旧バージョンに戻すことをお勧めします。

それではClassic Editorの設定の方法です。

ワードプレスのダッシュボードに入り、プラグイン→新規追加を選択します。

キーワードにClassic Editorと入力すると、上の写真のような画面になります。

ここでClassic Ediorを今すぐインストールし、有効化をクリックすれば完了です。

 

最新情報をチェックしよう!