[ブログ]スクショNG,ツイッターOK,著作権以外の要注意権利を解説

あなたはブログの記事を書くときに、スクショ(スクリーンショット)やツイッターを使っていませんか?また使ってみようかと思っていませんか?

結論から言うと著作権についてはスクショはNGで、ツイッターの埋め込み引用はOKとなることが多いんです。また著作権以外にも要注意の権利として肖像権やパブリシティ権というものがあります。よく他人の顔写真や芸能人の画像を勝手に使ってはいけないと言われますが、それはこれらの権利を侵害する恐れがあるからです。

特に芸能関係の記事を書くときにはパブリシティ権に気を付けましょう!具体的には芸能人本人や所属事務所の公式SNS(ツイッター・インスタなど)の埋め込み以外の方法では、芸能人の写真画像を使うことはやめましょう。

それではこれらについて更に詳しく解説していきますね。

[ブログ]スクショでの掲載はNG

芸能記事に多いスクショはNG

結論から言うと、スクショでの掲載はほとんどの場合はNGです。スクショ元の写真で多いのが、芸能人の公式HPや週刊誌のHP、ツイッター。そしてこれらの写真を無断で使用すると著作権違反となってしまいます。

こういった写真の著作権は芸能人本人や事務所、カメラマンにあるというのはなんとなく分かると思います。でもツイッターの写真ならいいのでは?そう思う方がいるかもしれません。

実はツイッターの場合、投稿者に著作権があります。(詳しくは後述します)したがって、ツイッターの写真をスクショして自分の記事に貼り付ける行為は、著作権違反となるのです。

Googleのサイト運営者向けポリシーには、「書作権の侵害に当たるコンテンツ」は許可されないと書かれています。従ってアドセンスのアカウントが停止したり、ブログが圏外に飛ばされてしまうこともあり得ます。

ツイッターのスクショは規約上もNG

ツイートをスクショすることは、Twitterの規約上NGです。スクショは元のツイートの複製(コピー)行為と言えますが、複製についてTwitterサービス利用規約に次の様に書かれています。

ユーザーは、本サービスまたは本サービス上のコンテンツの複製、修正、これに基づいた二次的著作物の作成、配信、販売、移転、公の展示、公の実演、送信、または他の形での使用を望む場合には、Twitterサービス、本規約またはdev.twitter.comに定める条件により認められる場合を除いて、当社が提供するインターフェースおよび手順を使用しなければなりません。

Twitter サービス利用規約より引用

簡単に言うとこうなります。「ユーザーがツイートを複製する場合には、Twitter社が提供する操作方法や手順(ここでは「埋め込み」が該当)を使用しなければならない。」その為、埋め込み以外の複製方法であるスクショはNGと言えます。

NGにならないスクショの例

スクショをしてブログに掲載してもNGにならないのは、フリー(無料)画像です。「フリー画像」「無料画像」といったキーワードで検索すると様々なサイトが出てきますが、以下のサイトが有名ですね。

但しこれらの写真に著作権が放棄されているというわけではなく、例えば写真ACで掲載されている無料画像の著作権者は写真ACとなっています。また公序良俗に反する様な使い方はできませんのでご注意下さい。

Google マップのスクショはNG

Google マップをスクショして記事に貼り付ける行為もNGです。(Google マップの利用規約には、禁止行為の項目に「コンテンツをコピーすること」が入っています。)地図を使いたい場合には、Google マップの埋め込み機能を使いましょう。

[ブログ]ツイッターの埋め込みはOK

ツイートの埋め込みは著作権違反ではない

ツイートの著作権は投稿者にありますが、第三者が埋め込んでも違反になりません。 ツイッターのツイートは、その投稿者に著作権があるからです。

ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(他のコンテンツに組み込まれたユーザーの音声、写真および動画もユーザーのコンテンツの一部と考えられます)の所有権はユーザーにあります。

Twitter サービス利用規約より引用

しかし他人のツイッター(ツイート)をブログに埋め込むことは著作権違反になりません。これはなぜでしょうか?Twitterのサービス利用規約には次の様に書かれています。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

Twitter サービス利用規約より引用

簡単に要約すると、「ツイッターに投稿すると、そのコンテンツを使用したり複製したりする為のライセンスをツイッター社に対し無償で認めます」「ユーザーは自分のツイートが世界中で閲覧されることを認めます。」ということです。

投稿者はTwitter社のサービス利用規約に同意して利用(ツイートを投稿)しているので、他人がツイッターの機能である埋め込みを利用しても問題がないのです。

無断転載禁止と記載されたツイートの埋め込み

ツイートの中には「無断転載禁止」と記載されているものがあります。しかし「無断転載禁止」と記載したとしても、他人がツイッターの埋め込み機能を利用した場合には文句は言えないことになります。なぜなら投稿者はTwitter社の規約に同意して利用しているからです。

但し、そうは言ってもトラブルに発展する可能性が0ではないので、もし削除を依頼されたら削除をしたり、又は事前に了解を得ておくのが無難です。

知らない人にツイートを非公開するには鍵アカ

自分のツイートを知らない人に非公開にするには、ツイッターのアカウント設定でツイートを非公開にします。ツイートを非公開に設定すると、自分のアカウント名の横に鍵のマークがつきます。この様に鍵マークのついたアカウントは鍵アカウントや鍵アカ(鍵垢)と呼ばれています。

鍵アカのツイートはフォロワーにしか見られなかったり、リツイートもできないので、拡散が防げます。従って、知っている人だけとの交流にツイッターを使いたい場合には、鍵アカがオススメです。

[ブログ]著作権以外の要注意の権利は肖像権、特にパブリシティ権

パブリシティ権の侵害となりますので、芸能人の写真は基本的にNGです。肖像権とパブリシティ権については下記の通りですが、一般人に関しては肖像権が、芸能人に関してはパブリシティ権の侵害が問題となるケースが多いです。

肖像権は他人から無断で写真や映像を撮られたり無断で公表されたり利用されたりしないように主張できる考えであり、人格権の一部としての権利の側面と、肖像を提供することで対価を得る財産権の側面をもつ。また、肖像を商業的に使用する権利をとくにパブリシティ権と呼ぶ。

ウィキペディアより引用

これまで一般人の肖像が無断で公開・使用されたりした場合には、肖像権侵害になるとして損害賠償を認められる判決が下されています。また芸能人を始めとする有名人の肖像については、商業的(営利目的)に利用した場合にパブリシティ権の侵害に当たるとの最高裁判決が出ています。

ではブログで芸能記事を書いて芸能人の写真を貼ると言う行為はどうなるのでしょうか?結論としては、もしその芸能記事でアドセンスやASP等による収益を得ている場合には、パブリシティ権の侵害となるので、要注意です。

インターネット上の個人のブログに芸能人の肖像写真を掲載しても、それが私的利用ならば、同肖像写真は「商品等」に当たらないと考えられるのです。

もっとも、ブログの閲覧数やその他の事由で何らかの金銭的利益が発生するようなシステムをとっている場合は、同肖像写真の顧客吸引力に依拠して利益を得ている可能性がありパブリシティ権の侵害にあたりうるので注意が必要です。

弁護士法人クレア法律事務所HPより引用

そしてGoogleのサイト運営者向けポリシーでは、「他社の法的権利を侵害するコンテンツ」「著作権の侵害に当たるコンテンツ」が許可されないと書かれています。ブログ運営をしている場合には、芸能人の画像を使うのはやめましょう。

パブリシティ権が成立する要件と参考リンクは下記の通りです。

  • 氏名肖像を独立して鑑賞の対象とするための商品化
  • 商品の差別化を目的とする氏名肖像の商品化
  • 氏名肖像を広告として使用するための商品化

パブリシティ権(Wikipedia)

パブリシティ権の侵害(弁護士法人クレア法律事務所HP)

まとめ

と言うわけで今回は「[ブログ]スクショNG,ツイッターOK,著作権以外の要注意権利を解説」と題してお届けしてきました。まとめると以下の様になります。

  • 他のHPやツイッターの画像や文字部分をスクショ(スクリーンショット)して自分の記事に引用する事は、著作権違反となるのでNGです。
  • ツイッターを埋め込み引用する場合には著作権違反とはならないのでOKです。
  • 著作権以外に肖像権やパブリシティ権に注意が必要で、芸能人の写真画像をブログに使うのはNGです。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!