支払い停止抗弁書

2018年12月13日の朝4:00頃、パソコンで作業していたところ、突然パソコンの画面に「お使いのシステムはウィルスに感染しています」と表示され、「トロイの木馬」に感染していると警告の表示が出ました。

 

それがいかにも、Mac側からの警告かのようにApple Careの表示がなされており、「今すぐにMac Cleanup Proというウィルス駆除のソフトをインストトールして対応しないと、パソコンが修復できなくなる」という内容の警告を受けました。

 

私は思わずそのMac Cleanup Proというソフトをクレジットカードで購入しました。

 

金額は日本円で12,934円でした。

 

ダウンロードしたところ今度はこのソフトを有効化する必要性があるとのことで、無料サポートのフリーダイヤルに電話するように誘導されました。


本来なら有効化するためにメールで案内がくるとのことでしたが、案内がいくら待っても来ないので無料サポートに電話するしかありませんでした。

 

その電話番号は0120-974-926でした。

 

かけると明らかに外国人の男性オペレーターに繋がり、私のパソコンには400個以上のウィルスが感染しているいので、パソコンを画面共有して駆除すると言われました

 

そして、www.suport.meというURLにアクセスするように指示され、パソコンを画面共有できるソフトをダウンロードされ、外国人オペレーターが私のパソコンに入り込み操作を始めました。

 

外国人オペレーターは、いかにたくさんのウィルスが私のパソコンから検出されているかを説明し、今すぐに対応しなければ24時間以内にパソコンが壊れると脅されました。

 

そして、今後3年間サポートするので59,000円ほど支払うように請求画面を出してきました。

 

私はさすがに高すぎるのと、話がおかしいので相手の外国人オペレーターに会社の名前を訪ねてホームページを見せるように要求すると、「全日本技術連盟」というHPを見せられ、利用者からの感謝のコメントなども見せられました。

 

それでも、私は購入をすることが嫌だったので、購入はせずに電話を切りました。

 

翌日、Macのサポートセンターに連絡したところ、それはよくある詐欺で被害報告が多くあるとのことでした。

 


彼らの本当の目的は、高いサービスを購入させた上に私のパソコンのデータを収集し、カード情報などの悪用を目的にしている可能性が高いと言うことでした。

 

私はすぐにMacサポートセンターの指示のもと、パソコンは初期化し、カード会社に連絡をとりカード番号の変更手続きをとり、ネットバンクの停止も行いました。

 

ちなみに、12月13日にANAカードに問い合わせた際、私のカード利用には、最初に購入した12,934円のソフト代と、購入しなかったはずの3年間のサポート代59,000円が上がっていました。

 

さらに、12月16日にカード情報をネットで確認したところ、2018年12月12日 PAYPRO*MAC-CLEANUP 12,934円のみ請求が上がっていました。

 

インターネットで調べてみたところ、Mac Cleanup ProというソフトはPCVACという企業によって開発された、Macコンピュータ用の不正アプリケーションの一つであると判明しました。

 

この製品が持ち合わせている特徴は全て、できるだけ多くのユーザーを感染させて潜在的に望ましくないプログラムの完全版(決して安くはないもの)を購入させることを目的にしているようです。

 

実際に多くの被害者がおり、実際に被害に遭われた方の書き込み等も多く認められました。

 

今回のこの請求は相手の詐欺行為のため、支払い停止とキャンセルを申し立てたい所存です。

 

お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

また、長崎市消費者センターの◯◯さんに相談していますので、センターにご連絡をお願いします。

 

電話番号:0958-◯◯◯-×××

2018年12月19日

                                                           YOKO