ブログが読まれない4つの原因を解決して読まれるブログにする方法

ブログを始めてみたけれど全くアクセス数が伸びない。どうして自分のブログは読まれないのだろうそんな悩みで頭を抱える人はあなただけではありません。

ブログ初心者を100人以上教えてきた私は、ブログのPVが伸び悩む人に共通の問題を発見しました。日々のコンサル指導ではそれらの問題を解決することで、読まれないブログが読まれるブログへ徐々に変わっていく姿を目の当たりにしています。

この記事の前半ではブログが読まれない4つの原因とその解決方法を、後半ではより読まれるブログに変えるための3つの方法をわかりやすく解説しています。最後までお読みください。

ブログ初心者あるある|ブログが読まれない4つの原因

ブログが読まれないのには必ず原因があります。

・運営期間が短く、投稿記事数が少ない
・記事タイトルに検索されるキーワードが入っていない
・ライバルが強いキーワードを狙っているため、上位表示が取れない
・記事の内容に価値がない

これらはブログ初心者に共通して見られる、ブログが読まれない原因です。これらの原因別に解決方法をお伝えします。

運営期間が短く、投稿記事数が少ない

わずか数記事しか書いていない方から「全く誰も読んでくれません」と相談を受けることがあります。運営期間が短く、投稿記事数が少ないブログはブログパワーがありません。実績がないのでGoogleからまだ信頼されておらず、上位に表示されないのです。

しかし安心してください。記事の投稿を続けていくことでブログは成長していきます。その姿はあたかも筋トレを続けていくと徐々に体型が変わっていくかのよう。筋トレをしてすぐに体型が変わらないのと同様に、ブログも始めていきなり稼げるものではありません。最低でも半年から1年は地道に作業を続けることが必要です。記事を積み重ねていくことで、Googelもあなたのブログを評価してくれます。上位表示されるようになれば、自然と読まれるようになります。

記事タイトルに検索されるキーワードが入っていない

人が検索をする時、目的を持って検索窓にキーワードを入力します。例えば、「東京駅で子連れでランチを食べれる場所」を知りたい人は「東京駅 子連れ ランチ」と入力します。この検索者が入れているキーワードをタイトルに入れない限り、検索された時に記事は表示されません。また仮に表示されたとしても、読者は他のライバル記事をクリックしてしまいます。

キーワードは自分の想像で作ってはいけません。実際に検索ニーズのあるキーワードを使いましょう。初心者はYahoo!虫眼鏡を利用するだけでも、ニーズのあるキーワードを見つけることができます。

ライバルが強いキーワードを狙っているため、上位表示が取れない

ニーズのあるキーワードで記事タイトルを作っているのに、上位表示されないので全く読まれない。これは検索ボリュームが大きいビッグキーワードを狙っているケースです。ライバルの数が多い上に強いので、始めたばかりの赤ちゃんブログが勝てるわけがありません。アクセス数を集めるには、あなたのブログが最低でも検索結果の1ページ目に表示されることが大事。それには自分が狙うキーワードの見極めが肝心です。

初心者にオススメは3語キーワード(例:東京駅 子連れ ランチ)です。1語(ランチ)や2語(東京駅 ランチ)で狙うよりも検索ボリュームは落ちますが、ライバルが少なくなります。Yahoo!虫眼鏡で書きたい3語キーワードを見つけたら、必ずライバルチェックをしましょう。

そのキーワードで検索してみて、1ページ目に個人ブログが入っていればチャンスです。もし企業サイトばかりの時はやめましょう。赤ちゃんブログでは企業サイトに勝てませんので、勝てる土俵で勝負です。

赤ちゃんブログが書くべきキーワードの見極めについては、こちらをどうぞ。
ブログ初心者のネタ探し| 簡単に需要のあるキーワードを見つける方法

記事の内容に価値がない

キーワード選定もタイトル作りも正しく実践しており、ライバルも強くないのに自分の記事は読まれない。その原因は、記事の内容に問題があるかもしれません。その記事には検索してきた読者が満足するのに十分な内容がありますか?また狙ったキーワードを必要以上に何度も文中や見出しタイトルに登場させていませんか?読み手にとっては必要な情報こそが記事の価値。読むか読まないかを決めるのは、Googleではなく読者です。あなたが意識すべきも読者です。

読者は正直です。あなたの記事を訪れても、最初の導入文を少し読んで「違う」と思えばすぐに離脱します。そして別のライバル記事に移動するのです。自分の記事が一時的に上位表示されたとしても、読者がすぐに他の記事に移動する割合が高ければ、Googleはその記事を「価値がない」と判断します。そうして検索順位が下がっていくのです。またその逆もあります。読者が欲しい情報をしっかり提供する。ここを徹底しましょう。

よくある質問として1記事に必要な文字数を聞かれますが、決まった答えはありません。

情報を提供するのに必要なだけの文字数というのが正確な答えです。読者にとっての理想は最小限の文字数で最大限の情報を得られること。無駄な記述で文字数稼ぎをしても離脱を招くだけです。

読まれるブログに変えるための3つ方法

ブログが読まれない原因を解決できたら、次はより読まれるブログに変えていきましょう。

ライバルと差をつけるポイントは次の3つです。

・魅力的な記事タイトルを作る
・記事の質をとことん高める
・記事の見た目をよくする

ブログのクオリティーを上げると、読者の満足感につながります。この満足感に訴えることが、ライバルよりも目をひき、じっくりと読まれる為には欠かせないのです。具体的に方法を解説します。

魅力的な記事タイトルを作る

通常何かが検索された場合、検索結果の上位から読まれます。その時に、1位ではないのに思わずクリックしたくなるタイトルがありますよね。それには秘訣があります。人が検索をするのは何かを知りたいから。したがって、タイトルには次の要素が必要なのです。

・自分の知りたいことが書いてある
・自分の知りたいこと以上のことが書いてある

人はタイトルを目にした時、自分の知りたいことが書いてあると確信を持てたら、迷わずクリックします。同じ様なタイトルが複数ある時には、より信頼できそうなものをクリックします。

そう考えると、タイトルに「?」が使われていることのおかしさが分かります。よく目にするやり方ではありますが、読者が知りたくてした質問である検索に対して質問で返すのはおかしいのです。質問されたら「〜です」と言い切れる答えを提示するべきなのです。

タイトルの詳しい作り方は別記事で解説していますので、そちらをご覧ください。
ブログの記事タイトルの作り方|読者の知りたいを外さないコツ

記事の質をとことん高める

記事の質とは、情報の質です。あることについて知ろうと検索してきた読者に対して「明らかになっていません」「調べてみましたがわかりませんでした」では、自分のブログに対する信頼を失うだけです。またネット上でかき集めた情報をまとめて記事にするのもオススメしません。ネット上の情報は不正確なものも多いからです。

正しい情報を調べて、ライバルと圧倒的な差をつけましょう。それには書籍で調べることをオススメしています。図書館はレファレンス係がいるので、「〜について書かれている文献をお願いします」とお願いすれば調べてくれます。

芸能人のスキャンダルや事件・事故などを書いてアクセスを集めている記事もありますが、手を出すのはやめましょう。不正確な情報と推測で記事を作ることは、自分のブログの価値を落とす上、プライバシー侵害などの問題も含んでいるからです。これは記事の質云々以前の、人としてのマナーです。

記事の見た目をよくする

ブログの記事は読み物ですが、雑誌と同様に見て楽しむものでもあります。

・読者が読みやすいように改行がされていること
・わかりやすく表やグラフを用いる
・囲み枠を上手に使って装飾する
・必要がある場合は画像を添付する

これらを工夫するだけで、見て楽しむものとしての質が向上します。特に今はスマホユーザーが7割以上。スマホはパソコンと違って画面が小さく、記事は何度もスクロールしながら読まれます。改行がなければ文字の塊が見にくく、改行が多過ぎればスクロールの回数が多くなります。無駄な画像があれば、無駄なスクロールにつながります。読みやすさは読者が気持ちよく記事を読む上で大事なポイントです。

また写真画像を添付する時には、自分のブログや記事のイメージに合うかを心がけましょう。その際に著作権フリー素材の写真か有料の写真、自分が撮影した写真以外を載せることは基本的にNGです。画像の著作権に付いては別記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

【ブログ】スクショNG、ツイッターOK、著作権以外の要注意の権利とは?

 

ブログが読まれないのには必ず原因があります。その原因を解決していくことはもちろんですが、「読者に親切な記事を徹底して書く」意識を持ち続けましょう。この意識を持って実践していけば必ず読まれるブログになります。

記事を読むのは人です。Google社員でもAIでもありません。読んだ読者が心から満足できる記事をとことん追求するのです。それには押さえるべきテクニックも多少ありますが、最も大事なことは結果を焦らず質の高い記事を作ることです。

初心者がいきなり完璧な記事を書くのは難しいので、何本も書きながら自分のスキルを磨いていきましょう。読者を意識して50本、100本と記事を書くことで、必ず今よりも読者の心に届く記事が書けるようになります。

ブログのアクセス数は読者からの拍手です。「出会えてよかった」と思われる記事を目指して書き続ける以外に、ブログが読まれるようにはなりません。

最新情報をチェックしよう!