ブログに向いてる人・向いてない人の特徴と向いている人になれる方法

  • 2020年3月6日
  • 2020年3月13日
  • 副業

今からブログを始めるにあたって、自分はブログ運営に向いているかどうかは気になるところです。

・パソコンに弱い
・特別な文才があるわけではない
・始めるには年齢的に遅すぎるかも

このような理由から「ブログに向いていないのでは?」と始める前から不安になる気持ちはよくわかります。何事にも向き不向きはあるのは事実。100人以上のブログ初心者に指導した私は、クライアントさんから最初のメールをいただいた時点で、成果が出そうな方がある程度わかります。

ブログで成功するには、パソコンの知識や文才は関係ありません。最も大事なのは、日頃の考え方や小さな習慣です。このちょっとの差から、成果が出る人と出ない人が決まっていると言っても過言ではありません。

もともとの私は、どちらかと言うと成果が出ない人の思考でした。そんな私が人に指導する立場になれたのは、成果が出ている人と交流する中で彼らの考え方や習慣を取り入れたからです。

この記事では、ブログが向いている人・向いていない人の特徴をお伝えし、さらに向いてない人でも向いている人になれる考え方や習慣もご紹介します。

ブログに向いてる人の特徴

私が実際に私が出会ったブログで成功している人が持っている共通した特徴をお伝えしたいと思います。

・結果をすぐに求めず淡々と継続ができる
・とにかく明るく前向き
・ブログは仕事だと思える人
・メールを書くのが上手
・検索して自分で解決できる

結果をすぐに求めない

結果をすぐに求めないことはブログを継続する上で最も大事な考え方です。最低でも半年から1年は結果が出ても出なくても継続することが必須です。

ブログは植物のように育てていくもので、一朝一夕に収益が発生する仕組みではありません。お金という成果に惑わされずに、淡々と作業できる人は必ず成果が出ます。

とにかく明るく前向き

物事に対して明るく楽観的な方は、ストレスなく作業を継続できます。思うように成果を出せない中で、「何を改善すれば上手くか」を常に考える前向きな思考が必要です。

常に改善を目指していけば、猛スピードでブログスキルが身につきます。他の誰かが成果を出せていることなら、絶対に自分もできるという明るい前向きな姿勢は絶対に必要です。

ブログを仕事だと思っている

ブログは記事を書いてネット上に投稿するだけなので、趣味と仕事の境目が曖昧になりがち。そのため自分がブログというビジネスのオーナーであるという自覚が芽生えにくい特徴があります。

仕事とは、相手があってはじめて成り立つもの。自分の作った記事を読む人の気持ちを想像して、相手のためにできる限りの情報のプレゼントをする気持ちが必要です。顔が見えない相手に対して、この姿勢を徹底できる人は必ず成功します

メールを書くのが上手

たかだかメールと思いきや、これでブログの向き不向きがすぐにわかります。なぜなら、メールには少ない文字数でわかりやすく要件を伝える必要があるからです。また、相手が不快にならないように、心遣いや配慮も必須です。相手の年齢や性別によっては言葉や表現を変えてみましょう。

こう考えてみると、メールはブログに必要なスキルをいくつも含んでいます。メールで上手に相手に要件が伝えられる人は、ブログの基本的なスキルをクリアしているのです。

検索して自分で解決できる

ブログを運営していると、わからないことが出てくるのは当たり前です。しかし難いことに、ブログ運営に関しては調べて解決できない問題はほとんどありません。

自分で検索して解決できればどんどん前に進むことができ、困ることはありません。これはブログ運営で情報を集める時にも求められるスキルです。

ブログに向いてない人の特徴

私が実際に私が出会ったブログで成果を出せない人が持っている共通した特徴をお伝えしたいと思います。

・今すぐお金が欲しい人
・でも・だってが口癖の人
・何事にも受け身な人

今すぐにお金が欲しい人

今すぐにお金が欲しい人は、常に焦りがちです。とにかく記事を速く書くことに意識がいっているので単純なミスも多く、相手目線の記事も書けないので空回りします。

すぐにお金が欲しい人は、ブログではなく確実に一定のお給料がもらえる仕事をした方が精神的に安定します。今すぐに必要なだけのお金の問題をクリアした上で、ブログは副業として始めるといいでしょう。

でも・だってが口癖の人

残念ながら「でも・だって」を言う人で成果を出せた人は見たことがありません。この言葉は「できない理由」を常に探している人が使う言葉だからです。

最初は誰もが初心者です。わからないこともあって当然です。その時にこの言葉を使うと思考が停止し、いつまでたっても「できないままの自分」から成長できません。

何事にも受け身な人

ブログ運営は小さいながらも自分が事業主、社長です。社長が自分で決断できず、指示待ちの受け身だったら会社は倒産します。ブログを運営する以上、自分で考えて行動する以外に成功の道はありません

たとえ良いメンターについて学んだとしても、「メンターになんとかしてもらう」という姿勢だと成長しません。会社に雇われる感覚でできる仕事ではないのです。

ブログで成果が出る出ないに関係ないこと

ブログを始める前のクライアントさんに多い心配ごとがあります。そのほとんどが、ブログの向き・不向きに関係がありませんので解説しておきます。

・時間がない
・WEB知識やパソコンスキルがない
・文才がない
・好きなこと・得意分野がない
・歳をとっている

時間がない

時間のあるなしはブログの向き・不向きに関係ありません。これは単に成果が出るまでが早いか遅いかだけの違いです。平均して1日に1〜2時間ぐらいの自分の時間が持てるなら、問題なくブログはできます。

平日にそこまで時間が取りにくいという方は、その分を休日に補うように心がけましょう。ブログは継続が大切なので、ご自身のペースで続けられればいいのです。

WEB知識がない

特別なWEB知識やパソコンのスキルがなくても、ブログはできます。私がブログを始めた当初もそのような状態でした。わからないことを調べたり人に教わるうちに、必要なことが少しずつ身についてきます。

また、初期設定がどうしても難かしそうと感じた場合には、人にお願いするという方法もあります。「ココナラ」というサービスを利用すれば、ブログの立ち上げや設定も全て代行してくれる方がすぐに見つかりますよ。というわけでパソコンでの入力と検索ができれば、他のスキルは特に必要ありません。

文才がない

小説家になるわけではないので、ブログの記事を書くのに文才は必要ありません。あなたのブログを読みに来る読者の大半は、何か知りたいことがあって検索をした人。その人たちに向けて、答えとなる情報をわかりやすく説明することが求められているのです。

小学校の高学年が読んでもわかる位のやさしい言葉を心がけましょう。あとは情報をきちんと整理して、まとめるだけです。

好きなこと・得意なことがない

好きなこと・得意なことをブログで書いている人は実は少数派です。というのも、それらが「世の中のニーズ」と重なることがそれほど多くないからです。

ブログで成果をあげたければ、自分ではなく相手の立場で物事を考えましょう。自分の好きなこと・得意なことではなく、誰かが必要としている情報を提供するというスタンスが必須です。

歳を取っている

ブログを始めるのに年齢は関係ありません。40代や50代の私のクライアントさんを見ていてもそう感じます。年齢を重ねていることは、ブログ運営に対してデメリットでなくメリットなのです。

その理由としては、豊富な人生経験や精神的な落ち着きが挙げられます。そして20代の若いクライアントさんと比較すると、文書力の高い方が多いのです。ブログを運営するのにはパソコン入力と検索ができれば問題なく、何歳からでも始められます。

ブログに向いてない人が向いている人になれる小さな習慣

これらの習慣は私自身がブログ初心者の頃に、成果が出ている人に共通していることから意識して取り入れました。どれも簡単な小さな習慣ですが、できているのといないのとでは結果が大きく変わります。

・メールを相手目線でわかりやすく書く
・すみませんをありがとうに変える
・自分で決断し、行動する練習をする

メールを相手目線でわかりやすく書く

よくメールをいただく機会がありますが、時折ネガティブな表現に満ちあふれたメールも目にします。文章を楽しく装飾する為に使う絵文字も、涙や汗ばかりで笑顔が1つもない。こんなメールを受け取ったら、普通は嬉しい気持ちにはなれません。

相手に質問や要件を伝えるとき、わかりやすく簡潔にすることと、明るさをプラスして送りましょう。たかがメールと思われがちですが、1通のメールでブログの成果が出るか否かがわかるほどです。日頃のメールを見直してみましょう。

すみませんをありがとうに変える

私がブログ指導をする際、クライアントさんで「すみませんでした」を連発する人がいます。アドバイスを受けているだけなので、「ありがとうございます」が正しいのです。しかし習慣とは恐ろしいもので、ついつい「すみませんでした」を言ってしまうのです。

相手に失礼があった場合ならともかく、「すみません」を「ありがとう」に変えるだけで相手への印象が変わります。これによって人との関係がずっと良好になっていきます。

自分で決断し、行動する練習をする

ブログは受け身の姿勢では成果が出ないとお伝えしました。しかし、いきなり自分から行動する人間になるのは難しいのです。そこで、日常の小さな事で練習をしましょう。

スタバでコーヒーを頼む瞬間、夕ご飯の買い出しに行くとき、レストランで注文をするときに、自分で考えて行動をするのです。この日々の積み重ねが、ブログという仕事を続けて行く上で、大いに役立ちます。自分で決めて、自分で行動する。繰り返してみてください。

過去にはブログに不向きだった私からの提案

ブログで成果が出る人と出ない人がいます。ブログに向き・不向きがあるのは事実ですが、不向きでも向いている自分に変えることはできます。私はどちらかというと不向きな考えや習慣を持っていたのですが、徐々に考え方や習慣を変えたことで今があります。

ブログを始める前に、自分は向いてるのかなと気になる気持ちはわかります。しかし大事なことは、まずやってみること。そして継続することです。その時に成果をあげた人が何をしてるのかを真似てみてください。

記事の書き方などはもちろんですが、最も大事なポイントは考え方や習慣です。1年も続けていれば、あなたは別人になっています。そしてお金という成果もついてきているはずです。

今からブログを始めてみたい方は、私のメルマガにご登録ください。無料でブログの立ち上げから実際に記事を書くまでを解説した動画をプレゼントしています。

最新情報をチェックしよう!