初心者のためのブログの書き方|読者に寄り添う記事の設計図を作る方法

初心者の
ゆりさん
ブログを始めてみたけど、書き方がわからないです。
YOKO
大丈夫!記事を書くための手順を教えますね。

この記事では、ブログ初心者が記事を書くための手順を、具体的に解説しています。

この手順にしたがって記事を書けば、次のような効果があります。

・読者に喜ばれる記事になる
・検索上位に表示されやすくなる
・アクセス数が増え、収益が上がる

今すぐにでも使える方法ですから、最後までお読みください。

記事ネタを選ぶ

初心者の
ゆりさん
どんな事を記事ネタにしたらいいんでしょうか?
YOKO
日常的な疑問や悩みをネタにしてみましょう。

日常的な疑問や悩みというのは、常に誰かが解決しようと調べています。

つまりいい記事ネタになる可能性があるのです。

疑問や悩みの大きさや深さは様々ですが、いくつか例をあげてみます。

・洋服についたトマトソースの落とし方
・結婚式のスピーチの例文
・ある地域にある神社やお寺の名前

これらに対する解決方法や答えをしっかり書くことが、そのまま記事になります。

ネタ探しの方法は別記事で解説しています。
ブログ初心者のネタ探し|簡単に需要のあるキーワードを見つける方法

需要のあるキーワードの探し方

初心者の
ゆりさん
長崎の神社について記事を書いてみたいです。
YOKO
じゃあ、人がどんなキーワードで長崎の神社を調べているかチェックしましょう。

Yahoo!の検索窓に「長崎 神社」と入力すると、画面下に次のような結果が表示されます。

これをyahoo!虫眼鏡といい、人がどの様なキーワードで検索しているかが分かります。

つまりこれらのキーワードは、一定の検索需要があると言えるのです。

初心者の
ゆりさん
じゃぁ、私は長崎の縁結びの神社について記事を書きます!
YOKO
いいですね!独身の女性が喜びそう❤️

こうして記事を書くためのキーワードの候補が決まりました。

もしキーワードの意味がよく分からなかったら、自分が何かを検索する時のことを思い浮かべて下さい。

この時に検索窓に入れる言葉や文章がキーワード(検索キーワード)です。

記事を書く前にライバルチェック

YOKO
候補のキーワードが見つかったら、書く前にライバルチェックしましょう!
初心者の
ゆりさん
ライバルチェックって何ですか?

ライバルチェックとは、あなたが狙うキーワードで、誰がどんな内容の記事を書いているかを確認すること。

この場合のライバルとは、実際に狙うキーワードで検索してみて上位表示されているブログやサイトを指します。

ライバルチェックの目的は次の2つです。

・狙うキーワードの見極め
・ライバル記事の内容確認

狙うキーワードの見極め

キーワードによってライバルが強い場合と弱い場合があります。

初心者が記事を書く時には、必ずライバルの弱いキーワードを選ぶことが必須です。

YOKO
では、「長崎  神社 縁結び」と検索窓に入れてみましょう!

上位7位までは神社の公式サイトや企業サイトで、8~10位に個人ブログが入っていました。

この様に検索結果の1ページ目に個人ブログがある場合、書いてもいいネタと判断します。

逆に1ページ目に表示されているのが企業サイトばかりのこともあります。

その場合、初心者が企業サイトには勝てませんので避けましょう。

初心者の
ゆりさん
企業サイトと個人ブログはどうやって見分けるのですか?
YOKO
記事の一番下にある、運営者情報を見るとわかります。
企業サイトなら会社名が記載されていますよ。

またYahoo!知恵袋が検索1ページ目にある場合、穴場の検索キーワードであるサインです。

この場合は上位表示を狙いやすいので、積極的に記事を書いていきましょう。

ライバル記事の内容確認

初心者の
ゆりさん
個人ブログが10位以内に入ってるから書きます!
YOKO
待って!!まだライバルチェックは終わっていません!

読者にじっくりと読まれる記事を書くには、あなたの記事内容をライバルより良くする必要があります。

そこで記事にする検索キーワードが見つかったら、ライバルの記事中の見出しを確認しましょう。

これであなたのライバルが何を書いているのかが把握できます。

少なくとも、検索結果の1ページ目に表示されたライバル全てに行いましょう。

記事を書く際に、ライバルの情報を踏まえてさらに役立つ情報を追加することで、ライバルを上回る記事になります。

具体的なライバルチェックの仕方はこちらの記事で解説しています。
ブログのライバルチェック|3ステップでライバルに勝る記事を作る

記事の設計と執筆

初心者の
ゆりさん
ライバルチェックが終わったので、記事を書き始めますね!
YOKO
記事はいきなり書くと失敗します。まずは設計をしましょう!

ライバルチェックをして検索キーワードが決まったら、記事の設計に入ります。

まずはじめに、あなたが書こうとする記事の読者像を具体的に設定しましょう。

これによって記事を読む人の気持ちを深く理解し、何を情報として記事に入れたらいいか分かります。

続いてどの様な順番で何を書いていくのか、全体の記事の構成を考えます。

そして最後は実際に書き上げていきます。

YOKO
次に具体例をあげて、やり方を説明していきます!

読者を具体的にイメージ

初心者の
ゆりさん
読者を具体的にイメージするってどういうことですか?
YOKO
あなたの記事を読むのはどんな人なのかを考えることです。

ブログ記事の読者は、通常何かを検索してたどり着きます。

それでは、「長崎 縁結び 神社」で検索する人は一体どんな人でしょうか?

性別や年齢、職業、住所など、その人物像をできるだけ具体的にイメージしてみます。

初心者
ゆりさん
今回はこの様な人物像が浮かびました。

・20代の独身女性
・彼氏が欲しいと思っている
・会社員
・結婚願望がある
・車は持っておらず、バスか電車で移動
・長崎市在住

YOKO
いいですね!次にどうして検索したか理由を考えてみましょう。

検索理由で読者の望みを理解

初心者の
ゆりさん
なんで「長崎 縁結び 神社」を調べるんだろう?
YOKO
読者に質問してみましょう。理由が明らかになりますよ!

自分がイメージした読者に対して、なぜ今回の検索をしたのか質問をしていきます。

質問に対してもあなたが読者になりきって答えることで、読者の本当の願望が分かるのです。

Q1:なぜ「長崎 縁結び 神社」で検索したのですか?

地元の長崎市で縁結びのご利益がある神社を知りたいからです。

Q2:では、なぜ縁結びのご利益がある神社を知りたいのですか?

素敵な人と出合ってお付き合いをしたいからです。

Q3:なぜ素敵な人と出合ってお付き合いしたいのですか?

幸せな結婚をしたいからです。

このように、今回イメージしてみた読者は「長崎市で縁結びの御利益がある神社」を知ろうと検索しました。

そしてその心の奥の願望は「幸せな結婚」でした。

ライバルとの差別化

初心者の
ゆりさん
「長崎 縁結び 神社」を知りたい人の本心が「幸せな結婚」だなんて!
YOKO
読者の望みが叶うように情報をプレゼントしましょう!

「幸せな結婚」を願って「長崎市で縁結びのご利益のある神社」を検索した読者は、どんな情報があれば喜んでくれるでしょうか。

そこで検索結果で上位表示されているライバル記事の見出しを確認しながら、差別化できるポイントを探していきます。

仮にライバル記事の見出しの内容が以下の通りだったとします。

・神社の場所とアクセス
・神社内のパワースポットの解説
・恋愛や金運に効くお守り
・商売繁盛の御利益
・長崎市内外の縁結びの神社

初心者の
ゆりさん
「幸せな結婚」とは関係がないものもありますね。
YOKO
そう!情報は読者が欲しいものだけでいいんです。

これらのうち今回の記事の読者にとって不要な情報をカットすると、最低限必要な情報が分かります。

・神社の場所とアクセス
・神社内のパワースポットの解説
・恋愛に効くお守り
・長崎市内の縁結びの神社

読者にとって嬉しい情報は「縁結びのご利益を得て幸せな結婚に近づくこと」です。

そこで例えば以下の項目を付け加えてみましょう。

・ご利益のある正しい参拝法(時間帯・ご利益があるお日柄・お願いの仕方)
・長崎市内のバスか電車で行ける神社以外の恋愛パワースポット

このことで読者の真の願望がより一層満たされ、ライバルと差がつく良質な記事へとなっていきます。

情報を提供する順番

初心者の
ゆりさん
書く内容が決まりました!書いていいですか?
YOKO
いえいえ!次に情報を提供する順番を決めます。

読者に提供する情報がわかったら、どの順番で紹介したら分かりやすいかを考えましょう。

まずは読者が一番知りたいことを最初に持ってきます。

その上で、その記事を読む読者が次に何を考えるか、どんな行動を起こすかを意識して順番を決めていきます。

初心者の
ゆりさん
縁結びの神社に参拝するまでの順番ですか?
YOKO
そう!読者の行動に合わせて、情報を紹介するんです。

今回の場合は次の様になりました。

1:縁結びのご利益のある神社の名前や場所
2:神社内の縁結びのスポットを紹介
3:ご利益を得る正しい参拝方法を紹介
4:縁結びのお守り・グッズを紹介
5:その他の恋愛運パワースポット紹介

初心者の
ゆりさん
これなら記事の通りに行動して、最大限にご利益が得られそう!
YOKO
そうでしょ!最後まで読んでくれるはずです。

仮タイトルの作成

初心者の
ゆりさん
私は最初にタイトルを作っていました!
YOKO
最初に作ると、タイトルと内容がずれてしまいます!

設計図ができたら、仮タイトルを作りましょう。

この時には選んだ検索キーワードを必ず入れます。今回なら「長崎」「縁結び」「神社」の3語です。

これらのキーワードをうまく使いながら、自然な文章になる様に意識してタイトルを考えます。

そうすると、例えばこの様なタイトルができました。

長崎の縁結びの神社|幸せな結婚に近づくための正しい参拝法も解説

この様に、ライバルと差別化した点をタイトルでアピールできると、自分の狙っている読者の目にとまりやすくなります。

タイトルの作り方は別記事で詳しく解説しています。
ブログの記事タイトルの作り方|読者の知りたいを外さないコツ

導入文には結論

初心者の
ゆりさん
最初に結論を書いたら、最後まで読まれなくなりませんか?
YOKO
最後まで読まないと結論がわからない記事だったら、途中で読むのをやめられてしまいます。

記事の始まり部分である「導入文」には、簡潔でもいいので結論を必ず入れていきましょう。

ブログ初心者は導入文をおまけの様に考えがちですが、実は記事の中で最も重要なところ。

なぜなら導入文で読者の気持ちをつかめないと、その先の本文が読まれないからです。

読者は疑問を解決したくて検索しています。

その答えとなる結論を導入文で簡潔に書き、より詳しい説明を本文で行うのです。

導入文で結論を書くと本文を読んでもらえないと心配になるかもしれません。

YOKO
その心配は不要です。

というのも、導入文だけで疑問が解決されれば、読者はあなたの記事で検索を終えます。

これによってGoogleはあなたの記事を高く評価し、滞在時間が短かくても上位表示されやすくなります。

初心者の
ゆりさん
読む時間は短くても、読者が満足するということですね。意外でした!

導入文の書き方は別の記事で詳しく解説しています。
ブログの導入文を書くコツ|結論を先に伝えて読者と信頼関係を結ぼう

見出しはコンテンツ

初心者の
ゆりさん
見出しはキーワードを入れさえすればいいのでは?
YOKO
見出しに魅力がないと、見出し以下を読んでもらえません!

見出しにはただ項目を入れるだけではなく、思わず読みたくなるように心がけてみましょう。

というのも検索してきた読者は、その記事がまず自分にとって必要かどうかを判断します。

そのための判断材料が導入文であり、見出しの並んでいる目次なのです。

だからこそ見出しには読者に役立つと思える言葉を使ったり、興味をそそるような表現の工夫が必要です。

導入文で説明しきれなかった情報をふんだんに入れて、見出しを充実させましょう。

つまり見出しそのものがコンテンツなのです。

書き終えた後の見直し方

初心者の
ゆりさん
記事が書けたら、素早く公開します!
YOKO
ちょっと待って!その前に必ず記事を確認しましょう。

記事を書き終えたら必ず全体を見直しましょう。

その時に誤字脱字はもちろんですが、次のポイントを確認します。

・読みやすい改行の位置か?
・囲み枠などを使った見やすい表示か?
・スマホでも読みやすいか?
・読者の年齢・性別に合った言葉使いか?
・読者が理解できる言葉を選んでいるか?

最初の3つは、見た目についてのポイントです。

特に今はスマホユーザーが圧倒的に増えてきていますので、スマホで読みにくいのは致命的です。

残りの2つは、読みやすさに関わるポイントです。

例えばあるテーマで初心者向けに記事を書くとします。

その場合、難しい専門言葉が多いと読まれなくなるので、やさしい言葉に言い換えます。

また若い女性向けに記事を書く場合、一般的に漢字の割合が多いと読まれなくなるので、意識的にひらがなを増やします。

こういったことを確認し、最後に記事の仮タイトルを見直します。

初心者の
ゆりさん
ここでタイトルを確認するの?
YOKO
はい!最後の仕上げはタイトルなのです。

この時に仮タイトルと記事内容が合っていないと感じたら、修正します。

仮タイトルが記事内容が合ったら、これを正式なタイトルとして記事作成は終了です。

読者に寄り添う記事を書くと起きる変化

私は初心者のころ、自分が書きたいように記事を書いていました。

当然のことながら、その記事の結果は残念な状態。

YOKO
・読まれない
・上位表示されない
・アクセスがなく、収益がない

そこから自分なりに手間をかけて、読者に寄り添う記事を書くようになりました。

その結果、次のような嬉しい変化が起きました。

YOKO
・読まれる
・上位表示される
・アクセスが増え、収益がある

読者に寄り添う記事を書くことで、結果的に私自身もハッピーになれたのです。

ブログの書き方には色々な方法がありますが、目的を持って書くのと書かないのでは、記事の質が全く異なります。

特にブログ初心者が設計図もなしに思いつきで記事を書くと、読者に伝わらない記事になってしまいます。

初心者の
ゆりさん
今まで思いつきで書いてたから、結果が出なかったんですね。
YOKO
ちょっと意識をするだけで、記事の質がグッと上がりますよ!

このように記事設計をすることで、あなた自身も記事を書くときに迷わずにすみます。

記事中で紹介した手順を1つずつ踏めば、読者に寄り添う記事が必ず作れるはずです。

ぜひこの手法を取り入れてみてください。

 

最新情報をチェックしよう!